コミュニティ・ユース・バンクmomo の日々の活動報告です。
by momobk
カテゴリ
全体
出資
融資
レンジャー奮闘記
お知らせ
メディア掲載実績
その他
未分類
リンク
以前の記事
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
more...
最新のトラックバック
コミュニティ・バンク融資受付
from 紆余曲折 Many Turn..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
【報告】10月18日:DD体験講座&バーチャル融資審査委員会
こんにちは、momoレンジャーのあつです♪
たいへん遅くなりましたが、10月18日に行われた「ダイレクトダイアログ体験講座」「バーチャル融資審査委員会」の様子をご報告します。

f0034535_14464660.jpg




今回の講座は、『資金の借り手・出し手・貸し手でつくる「ソーシャルファイナンス」資金の「借り手」編~NPOが多様な収入源を確保するために~』ということで、あいちモリコロ基金の助成金をうけてmomoが企画したものです。

多くの方々にご来場いただき、会場の本山生活文化会館3F会議室では何度も笑いが沸き起こり、楽しみながら学べた1日であったように思います。

それではまずは午前の部「ダイレクトダイアログ体験講座」についてです。

f0034535_1514185.jpg

↑ダイレクトダイアログについて説明する講師の中山さん

今回は株式会社バリオーサ代表の中山学さんを講師としてお迎えし、ICANを事例としてダイレクトダイアログ(以下、DD)を体験しました。

f0034535_15173083.jpg

↑ICANについて説明してくださるICANの斉藤さん

DD(ダイレクトダイアログ)とは、日本でも注目を集めつつある直接対話による資金調達の手法です。
人通りの多い場所で道行く人に声をかけ、問題解決の手段として、自分たちの団体への支援を呼びかけます。

中山さんにDDについて説明していただき、斉藤さんからICANの団体紹介をしていただいた後は、いよいよDDフォルダの作製です。
(DDを行う際には写真などの入ったフォルダを見せながら話します)

f0034535_15323153.jpg

↑グループで意見を出し合いながらフォルダを作製しました。

DDフォルダには、
(1)問題:問題の重大性・長期性を知ってもらう、共感してもらう
(2)解決策:その問題を解決する手段として自分の団体を位置づける
(3)支援依頼:最後に団体への支援を依頼する
の流れが大切だと中山さんから教えていただき、グループで議論を重ねプレゼンフォルダを作製しました。

↓最後には、作製したプレゼンフォルダを使ってDDを実演!
f0034535_15461374.jpg


f0034535_15462765.jpg


どのような話の流れだと団体の必要性を相手に伝えれるか。
どうすれば団体の抱える問題意識に共感してもらえ、支援していただけるか。

DDを体験してみて、支援を依頼することの難しさを改めて痛感しました。

しかしそれと同時に、DDを上手く活用できれば多くの人に団体の必要性を伝えれるのではないかと可能性をも感じることができた講座でした。


続いては、午後の部「バーチャル融資審査委員会」についてです。

f0034535_1642373.jpg


バーチャル融資審査委員会とは、momoの融資審査委員になりきっていただき、融資申込者との面談や他の委員とのディスカッションを通して融資の可否を決定していただくまでを体験する講座です。

まずはmomoの代表のきむから融資審査の際に視るポイントを説明していただいた後、今回のバーチャル融資申込者であるじゃんべより事業説明をしていただきました。

f0034535_1614744.jpg

↑事業説明をするじゃんべと、スライドに映るのは融資審査の際のポイント

じゃんべの融資依頼事業はお祭りを通して地域を元気にする事業。

事業説明が済むと質疑応答の時間です。
会場からは収支計画の曖昧さを突く鋭い質問も。
質問に対して正直に答えるじゃんべの姿が印象的でした。

質疑応答を終え、各自が融資をするにあたってのポジティブな意見とネガティブな意見を書き出します。

f0034535_16294494.jpg

↑融資案件について真剣に考える参加者の皆さま

グループ全員のポジティブな意見、ネガティブな意見をまとめて、グループで融資するか否かの結論を出します。

f0034535_16342082.jpg


f0034535_16343960.jpg


どのグループでもアツい議論が繰り広げられました。
事業の理念には共感できる…、momoの理念と重なる部分がある…。
しかし事業計画に見通しの甘さがあるのでは…。
などなど。

最後にグループの結論と、結論に至った根拠を発表しました。

f0034535_16451762.jpg


f0034535_16452615.jpg


融資審査委員会では、融資案件という視点で事業計画を視ることで、お金を貸す側にとっては、なにをリスクを感じるか、なにが大切となるポイントなのかを考えることができたと思います。

また、今回バーチャル融資申込者となってくれたじゃんべの事業に対して、鋭い指摘を含めて、会場の皆さんからの意見はどれも温かいものでした。

今後もこのような場が定期的に開催できればよいなと思う次第です。

f0034535_173216.jpg


おしまい
[PR]
by momobk | 2009-11-14 17:05 | レンジャー奮闘記
<< 【イベント情報】12/13発信... 【報告】10/31薬学祭 >>