コミュニティ・ユース・バンクmomo の日々の活動報告です。
by momobk
カテゴリ
全体
出資
融資
レンジャー奮闘記
お知らせ
メディア掲載実績
その他
未分類
リンク
以前の記事
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
more...
最新のトラックバック
コミュニティ・バンク融資受付
from 紆余曲折 Many Turn..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
【報告】3/14バーチャル融資審査委員会&ダイレクトダイアログ体験講座
しゅうです。
3月14日に行われたバーチャル融資審査委員会&ダイレクトダイアログ体験講座の報告をしたいと思います。

今回は若者の人間力形成やキャリア支援に取り組む「NPO法人エンド・ゴール」(半田市)が事例として取り上げられました。
http://www.endgoal.net/

f0034535_2052599.jpg


場所は知多半島の知多市市民活動センターです。



第一部はバーチャル融資審査委員会です。

バーチャル融資委員会とは?
momoの審査委員になりきって、融資申込者との面談や他の委員とのディスカッションを通して、融資の可否を決定してもらいます。
「見る立場」を体験することで「見られる視点」を学び、何がリスクと感じるか、お金を貸すには何がポイントかを考えます。(広報文から抜粋)

f0034535_2110395.jpg


f0034535_22334812.jpg


きむ曰く、まな板の上の鯉。
エンド・ゴールさんの融資申込書、プレゼンを踏まえて審査員からは厳しい質問が飛び交っていました。
最終的には融資をするかしないかどちらかに決めなければならないのがこのイベントのミソ。
各グループで熱い議論が行われました。
今回は3グループとも「融資しない」という厳しい決断でした。
今融資を受けてまでその事業を始める意味はあるのか? といった根本的なところなど、事業者以外の人からだからこそ気づく視点はエンドゴールさんにも参考になったと思います。


続いて第二部はダイレクトダイアログ体験です。

ダイレクトダイアログとは?
直接対話によるファンドレイジング(資金調達)は、顔の見える関係を失わずに支援の輪を広げることができる、有効かつ有意義な手法です(広報文から抜粋)。
欧米で発達し、日本でも広がり始めたこのダイレクトダイアログ、第二部ではこれを体験します。

f0034535_2116742.jpg



このイベントは今回で3回目となります。
僕は1回目に参加したことがあったのですが、ワークシートの内容などがかなりバージョンアップしていました。
エンドゴールさんのスタッフになったつもりで活動紹介から会員を募るまでのフォルダを作ります。
30分で発表の準備までするのはかなりバタバタでしたがなんとかできました。

f0034535_21174241.jpg


一生懸命作ったフォルダを手にするとつい自分がしゃべりっぱなしになってしまいますが、ダイレクトダイアログで大事なのは相手と会話をすること。
随時理解度を確認したり、少し砕けた話を織り交ぜるといい流れで話せます。

今回のイベントはNPO法人地域福祉サポートちたさんと共催ということで、知多地域で福祉や子育ての現場で実際に活動していらっしゃる方々が多く参加していただきました。
これからの活動の参考になっていればと思います。


おまけですが、僕は4月から大学院生として京都へ旅立ちます。
ということでこの日は僕の送別会もありました。
自分で書くのもなんですが(笑)。
サプライズなプレゼントが用意されていてとても嬉しかったです。
あ、楽しすぎて写真撮ってなかったです(笑)。

大学院では中山間地域の暮らしをよりよくする方法を研究してきます。
momoで考えたこと、出会った人は必ず研究生活にも生きていきます。
レンジャーとしての活動は少しお休みになりますがこのつながりを大切にしていきたいと思っています!
そういえばウェブの自己紹介で「岐阜の田舎者浪人生」になってるのが、ようやく「岐阜の田舎者大学院生」に変わりますね。
やったぜ!!
[PR]
by momobk | 2010-03-31 23:39 | レンジャー奮闘記
<< 【相談者募集】融資無料相談、実... 『東海若手起業塾』 第3期生 ... >>