コミュニティ・ユース・バンクmomo の日々の活動報告です。
by momobk
カテゴリ
全体
出資
融資
レンジャー奮闘記
お知らせ
メディア掲載実績
その他
未分類
リンク
以前の記事
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
more...
最新のトラックバック
コミュニティ・バンク融資受付
from 紆余曲折 Many Turn..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ap bank fes'06 エコレゾブーススタッフ参加報告
7月15、16、17日の三日間に静岡掛川のつま恋で行われたap bank fes'06へいってきました。

fesではエコレゾブースにはA SEED JAPANのエコ貯金プロジェクトの友人とともに
momoからはきむ、なみちゃん、のぶの三人でエコ貯から3人でapbankより1人計7名でブースに参加しました。

まずエコレゾとはapbankが提唱するエコな意識をたくさんに人に無理なくレゾナンス(共鳴、共振)させること。
詳しくはこちら
http://www.apbank-ecoreso.jp/generalinfo/eco-reso.html

僕たちのエコレゾブースは「自然との共生」「持続可能なエネルギー」「地球市民」の3つのテーマのもと、現状どんな問題が起こっているのか、そしてこれから私たちにどんなアクションがとれるのか、NPO/NGOのみなさまとつくったパネル展示を行いました。

1日目の真夏日。
なんと38度もあったそうで、100名ぐらいの参加者が倒れたと聞きました。
エコレゾブースには多くの参加者が訪れてくれましたが、この暑さでパネルのメッセージを読むのに一苦労でなかなか読んでもらうことが出来ませんでした、またこちら側から冊子をひとまとめにしてパネルを紹介しながら手渡しをしていきました。





2日目の曇り空で幾分すごしやすい日。
昨日よりは過ごし易く立ち止まってパネルをみてくれる方もちらほらみえました、
12時45分より
ワークショップ「口座を変えれば世界が変わる、バンクを作れば地域が変わる」というテーマで
ap bankのお金の問題点に目を向けたことの話から市民でも出来るお金のエコな使い方のエコ貯金のお話、僕らのようなNPOバンクについての紹介などの話を未来バンク事業組合理事長&ap bank監事の田中優さんを進行役にと、A SEED JAPANエコ貯金プロジェクト理事土谷和之さん、A SEED JAPAN事務局長鈴木さとこさん、momo代表のきむでトークショーを行いました。すべての席が埋まり、立ち寄ってくださる方もいて満足のいくワークショップでした。


エコレゾブースでは、エコレゾノオト(エコレゾの余韻)というメッセージノートをテーブルに置き参加者にap fesににきた感想やライブの感動、パネルを通して感じたことを書いていただきました。

3日目の小雨が降り雨が気持ちいい日。
1日目、2日目を経験してどうしたらもっと人の流れが作れるのか改善できることをしてみました。2日目に手作りの看板を作って、それを持ち、呼び込みをし、エコレゾノオトを書くテーブルをパネルの前に置きパネルとテーブルの間を人の流れる道とし三日間で一番多くの方がブースを訪れてくれたと思います。



エコレゾ・ワークショップブース
http://www.apbank-ecoreso.jp/food_goods/booth.html

bank bandのライブ会場から流れる音を聞きながらスタッフとしてもすごく素敵な充実した時間をすごせました。
bank band のようにアーティストが歌うのを後ろから安定した音でバックアップするように
momoも後ろから地域で活動する人がより元気になれるように応援していけたらなと思います。

ともちゃんからなみちゃんへのバトンを僕(のぶ)が貰ってしまいましたが、
次はなみちゃんへバトンを渡します。
よろしくお願いします!
[PR]
by momobk | 2006-07-23 00:56 | レンジャー奮闘記
<< ap bank fes’06 中部エコライフフェア2006 >>