コミュニティ・ユース・バンクmomo の日々の活動報告です。
by momobk
カテゴリ
全体
出資
融資
レンジャー奮闘記
お知らせ
メディア掲載実績
その他
未分類
リンク
以前の記事
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
more...
最新のトラックバック
コミュニティ・バンク融資受付
from 紆余曲折 Many Turn..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
初めての体験、素直な気持ち
特別な期待あふれる、初めてのmomo手伝い。

2007年6月24日(日)、朝から雨模様の「愛知県青年の家」。
DECOスクールの運営スタッフで賑わうロビーを抜け、中庭に足を踏み入れると、
テントの下にmomoのブース場所があった。

他の各出展ブースは、着々と準備を進めている。
しばらくして今回のリーダー、さなうぇ到着。
momoをPRするためのブース準備を済ませ、ゆっくりとイベント開始を待つ。

「お、いい感じですね~」と私。
さなうぇは「うまくできるかなぁ」と、少し不安な様子。

そもそも彼女がmomoに出会ったのは学生時代。
初めて知った金融機関でのお金の理不尽な流れに、胸を痛めていたという。
自分にできることはないだろうか…。
そう考えたさなうぇは、momoレンジャーとして実情を伝える活動へ。
今回の出展も、その一環であるわけだ。

雨の中のブースで、訪れる来場者に対して懸命に説明するさなうぇ。
私は見守るのみ…。
説明の仕方を聞きながら、心の中でさなうぇに拍手を送っていた。

で、僕が「いい感じですね~」と素直に言ったブースだったが、
雨の影響もあってか、中庭まで出てくる来場者はまばら。

いよいよイベントも終盤になると、他のブースの人たちと自然と仲良くなる。
市民活動の者同士が生み出す、楽しいコミュニケーションだ。

今回は終始、さなうぇ大活躍!!

ただ終わってみるとブース出展の成果は、なかなか見えてこないもの。
今回はうまくブース展開できてなかったのかも…。
当日参加のmomoレンジャーも間違いなく不足していたし、ね。

こういうとき、私は思う。
とにかく問われるのは実践したかどうか。その違いが大きくモノを言う。

書家の相田みつをさんの書の中に、

やれなかった
やらなかった
どっちかな

というのがある。"うまく"やれなかったのか、"うまく"やらなかったのか。
今回は前者であり、トライしたことに大きな意味がある。

momoは可能性に満ちている。もっと挑戦していけばいいと思う。
若いレンジャーが共に、一歩一歩育っていけばいいんだ、きっと。

今回、とっても勉強になった。いい経験をさせてもらった。

最後になるが当日、一日中ずっとブース対応していたさなうぇに敬意を表したい。
お疲れ様でした。


【文責:マイケル岡田】
[PR]
by momobk | 2007-09-06 18:47 | レンジャー奮闘記
<< 報告:第2回定時総会(2007... 【転送歓迎】momo第2回融資... >>