コミュニティ・ユース・バンクmomo の日々の活動報告です。
by momobk
カテゴリ
全体
出資
融資
レンジャー奮闘記
お知らせ
メディア掲載実績
その他
未分類
リンク
以前の記事
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
more...
最新のトラックバック
コミュニティ・バンク融資受付
from 紆余曲折 Many Turn..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:出資( 2 )
石井さんの畑で感じたこと~出資者の声2~
出資者のVickyさんから、4月に参加いただいた、石井さんの畑訪問ツアーの感想をいただきました!

----------------------------------

最近、私の中で有機農業に対する興味が高まっています。
それは、もし”自分の食べる野菜を自分で作る”ということが社会的な大ブームになれば、今起こっているさまざまな環境問題の解決につながるのではと考えるようになったからです。
ブームにより都会の空いたスペースに駐車場ではなく畑ができるようになる→都市の高温化が軽減する→畑の作物を排気ガスから守るために自動車の乗入れが規制されるようになる→土いじりで心が癒され創造性が回復する→収穫した美味しい旬の有機野菜を食べて身体が健康になっていく…etc. 

次々といい循環が浮かんできます。そんなところへ、momoの第2回融資先である有機農業の石井さんの畑で農作業を体験できるツアーがあるとメーリングリストで知り、喜んで参加しました。

最初の担当は、インゲン豆や空豆などの細かい種を土に埋めて土をかけていく作業。最初は興味津々でとりかかったものの…うねが長く、延々と作業を続けていくうちに、ミレーの“落穂拾い”のような、どんよりした心境になってきました。
“こういうとき昔の人達は田植え唄や茶摘み唄など歌って楽しくしていたのだなぁ~”とか“自然と向き合い、種と対話する境地に至るには、まだまだ奥深いものがあるなぁ~”などと想いをはせていた時、心やさしきmomoレンジャーが声をかけてくれ、トマトの苗植え作業と交代してくれることになりました。(ありがとう~♪)

f0034535_234579.jpg



トマトの苗を植えは種埋めより変化があり、気持も晴れやかになってきました。
次に石井さんお手製の溶液をジョウロに入れ苗にかけていく作業。なんだかいい匂いがしてくると思ったら、この溶液はヨモギ汁+黒砂糖+炭酢とまるでお料理のよう。
石井さんが目をキラキラさせて、「溶液はこの苗には土に、この苗には葉っぱにかけてね。」など、的確な指示をだしてくれました。

石井さんの奥さんともお話する機会があり、1歳になる赤ちゃん(石井さんそっくり!)は甘いものが大好きで、カボチャやサツマイモなど冬野菜はもとより夏野菜のカブやニンジンもとっても甘いので大好きなのだとか。
さっぱり味だと思い込んでいたキュウリも青々した濃厚な味だそうです。そして、素材がいい分、調理法もシンプルな、茹でる・蒸す・焼くだけで美味しく、飽きが来ないそうです。

さっそく帰宅後、石井さんからお土産にいただいたとれたて野菜の、レタスは生で、スナックエンドウはさっと塩茹でにして食べてみました。やっぱり、美味しい!甘さが違う!と実感。奥さんの言葉は本当でした。


いいお天気の下、自然の中でmomoの皆と一緒に有機農業を体験し、石井さんご家族の純粋なお人柄にもふれることができました。収穫時にはぜひお手伝いも兼ね再度訪問し、とれたての旬有機野菜に皆で舌づつみを打つ“収穫祭”を熱望しています~♪(Vicky)
[PR]
by momobk | 2008-06-02 23:43 | 出資
石井さんの畑で感じたこと~出資者の声~
先日の石井さんの畑訪問ツアーに参加していただいた、出資者の門田ひとみさんに、感想を書いていただきました。

ありがとうございます!!

門田さんはツアーに参加してくださったのを機に、出資をしていだだきました。

石井さんの畑は、名古屋近郊なので、またツアーを企画したいと思います。

----------------------------------

 あったかい春の日差しの中、岐阜の畑へ行ってきました。
 岐阜駅から車で約30分、住宅地の一角が石井さんの畑でした。
 
 実は、石井さんの畑とうちは車で20分くらい。前から石井さんが畑をやっていらっしゃると聞き、一度行ってみたいなぁと思っていたのです。
 そんな矢先にmomoの融資先になったと知り、これはいつか融資先ツアーで行きたい~!(まだ出資者にもなっていなかったのに)と思ってました。
 
 名古屋市内で市民活動を生業にしている私。
 通勤に約1時間をかけ「都会」で市民や地域が活性化するための非営利団体のスタッフとして日夜デスクに向かっています。
 ふと気づくと、自分の足元、岐阜市はどうなってるんだろ・・・グローバル化によって中心部の商店街は寂れ、郊外には同じようなSCが乱立し、スーパーには遠くから運ばれてきた野菜が格安で売られています。
 私はそれら岐阜の課題にどう向かい合っているのかなー・・。

 momoはそんな矛盾を抱えながら生活するこの地域の若者たちに、こんなやり方もあるんだよっていう希望を見せてくれています。
 また自分ではできなくても、実践している素敵な人たちを応援するっていう手段も提供してくれます。(出資で)
 
 今回畑を手伝わせてもらって、そんな矛盾を抱えた生活がすこーし晴れたような気がします。 今後この地域で、石井さんの野菜がもっともっと循環していきますように。
 近くに住んでいる者として、その仕組みに少しでも関わることができたらな、と思っています。

 これからも融資先ツアーでどんどん若者を送り出していきましょう。
 人手が多いってすごい!(と石井さんが喜んでいらっしゃいました笑)
 
 あ、お土産のサニーレタスすごくおいしかったです!

(門田ひとみ)
-------------------------------------------
[PR]
by momobk | 2008-05-08 23:15 | 出資