コミュニティ・ユース・バンクmomo の日々の活動報告です。
by momobk
カテゴリ
全体
出資
融資
レンジャー奮闘記
お知らせ
メディア掲載実績
その他
未分類
リンク
以前の記事
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
more...
最新のトラックバック
コミュニティ・バンク融資受付
from 紆余曲折 Many Turn..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
環境デー報告
遅くなりました。

9月17日(日)、環境デーなごや2006という
ありとあらゆるなごや周辺の環境系が集まるイベントにわたしたち
momoレンジャーも参加してきました。
f0034535_23464422.jpg

中部リサイクル運動市民の会さん http://www.es-net.jp/  
グリーンマップあいちさん http://www.gm-aichi.net/index/
  
地域の未来・志援センターさん http://www.c-mirai.org/ 
との共同ブース出展です。


momoとしては、
お金という視点での「環境(エコ)」を紹介しました。

ご存知の方もいるのかな、いないのかな?
ちょうど去年の環境デーにむけて作られた
祝一周年『あなたの預貯金どーなってるの?体験ボード』
を使って、
来場者の方に出資(預貯金)体験してもらいました。

本物の500円玉を、おのおのの預貯金先に転がすと、
そのお金がどこにどう流れ、それがどのような結果を生んでい
るかを、
極端でありながらも、気づかせてくれます。
(※田中優さんの書籍のデータを参照して作ったものです。)
http://www.eco-online.org/contents/people/11tanaka.html
 

また、
イベントがあるときには必ずそのボードは出動しますので、
ぜひ体験しにきてみてください。

ちなみに、そのボードを作ったのは、
このwebもろもろmomoのデザインを担当してくれている、
蒲(かば)さんという方です。

蒲さんは、岐阜の古民家で、岐阜の和紙を使った水うちわなど
岐阜の伝統を楽しむ活動をされていたりします。
http://tenkirin.exblog.jp/i4 
http://www.organ.jp/reborn02.html


あ、環境デーについてでした。

今回不発に終わった、『momo未来イメージ図』なんかも
あったんでした。
f0034535_23453211.jpg



地域=土
大きな種=社会性のある、事業
大きな花、草=もうある、企業など
雨(水)=お金

じょうろ=momo

です。






土の深くに根を張る栄養たっぷりの種がありますが、
なかなか芽が小さいうちは、
もうりっぱに育った草花にはばかれ
雨も太陽もなかなかあたらず、
大きくなれません。

雨に意思はありません。
乾いた土に根を張ったかわいい芽に気づくこともありません。

じゃあ、水(雨)がいきわたっていないところを探して、
じょうろで水を注いだら、その芽は大きくなれるかな、
そしたらその芽は自分で自然と
雨にも太陽にも当たれるようになるんだなあ。


(訳:地域に根付いた面白い事業がありますが、
なかなか規模が小さいと、
すでにしっかりと軌道にのっている企業に
銀行のお金が流れてしまうため、
お金を調達することが困難で、
一般的に人の目にも触れられにくい状況にあります。)

(預貯金をする人はそのお金がどういうことに使われるかとい
うことを知りません。どういう事業に融資してほしいという意
思もありません。そして、自分の地域でがんばっている人に気
づく機会もなかなかありません。)

(☆★☆★)

そんな感じで、momoは地域のじょうろになれたらいいな、
いろんなじょうろがあるでしょうね。
そして、どこもかしこも地面が潤っていったらいいですね。

まだ、未完成ですが、
もっと、こんなビジョンがあるんじゃないかとか、
ご意見があったら、
教えていただけたらいいなー。

お裁縫が上手な方募集です・・。

以上、環境デーの報告でした。

レンジャーさなうぇ
[PR]
by momobk | 2006-11-10 23:51 | レンジャー奮闘記
市民のためのバンクを救え
代表理事の木村(きむ)です。

現在さなうぇが9月17日に行われた
環境デーなごやのブース出展報告を作成してくれていますが、
ちょっと緊急性が高いので、順番をすっ飛ばしてご紹介させてください。

先月中旬にようやくmomoも貸金業登録を終え、
いよいよ融資申込の受付開始に向けて準備を進めてまいります。

しかし、現在新聞等で報道されている「資金業法」の改正において、
NPOバンクは逆境に立たされていることをご存知でしょうか?

そこで、この問題を広く市民のみなさまに知っていただくために、
全国NPOバンク連絡会が作成したリリースを以下に掲載させていただきます。

ぜひみなさまが入っているメーリングリストやご自身のブログ、
ウェブサイト等でもご紹介いただけると大変助かります。

文末にあります11月18日に東京で開催されるフォーラムには、
僕も駆けつけて当事者の声をお伝えしたいと思っています。
※11月16日には以下のセミナーでもお話させていただく予定です↓
 http://kimura-office.net/modules/news/article.php?storyid=41

何卒ご協力くださいますよう、よろしくお願いいたします<(_ _)>


重複失礼します(>_<; 転送歓迎(^o^)/
¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

      市民のためのバンクを救え

     ~ノーベル平和賞を受賞した
    グラミン銀行の日本版がいま危ない~

    2006年11月3日 全国NPOバンク連絡会

¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

 200万人ともいわれる多重債務者を救済するために、
 いま国会で「貸金業法」の改正が審議中です。
 新聞等でも大手貸金業者による様々な反社会的な
 行為が報道されており、金利のグレーゾーンを撤廃
 するなど、規制は当然厳しくするべきです。

 しかし、この改正案では、社会的な事業や経済的な
 弱者に融資を行っている「NPOバンク」の多くが
 存続できず、これから新しいNPOバンクもほぼ設立
 できなくなってしまいます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【1】 NPOバンクとは?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 NPOバンクとは、一般の金融機関が融資しない
 環境・福祉などの社会的な活動を行っている
 市民事業や、顔の見える範囲での助け合いのため、
 市民がお金を出し合い、無担保・低金利で融資を
 している小規模な非営利金融です。
 法律的には、一般の貸金業者と同様の活動と
 見なされているため、貸金業の登録をしています。

 世界的に見ると、今年度ノーベル平和賞を受賞した
 グラミン銀行もNPOバンクの一種です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【2】 なぜNPOバンクが危機なのか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 NPOバンクは、融資するテーマや地域を限定し、
 顔の見える関係性の中で、信頼をベースした
 非営利の活動を行っています。
 そこには、専門家を含む多くの運営ボランティア
 や、お金の配当はなくても自分たちのお金が地域や
 社会で生かされることを期待する、多くの出資者が
 います。

 NPOバンクは、小規模で、社会性を持っているから
 こそ、経営が成り立っています。
 つまり、「営利企業が融資しない社会的な課題に
 対して低い金利で融資する」という目的によって、
 多くのボランティアの参加と、融資の原資である
 出資金を得ることができているのです。

 しかし今回の改正は、小規模で営利目的の貸金業は
 高い金利を取らないと成り立たないという理由から
 財産が5千万円以下しかない貸金業は認めず、さらに
 様々な費用も課す方針です。

 「みんなで少しずつお金を出し合って、自分たちの
 周りを豊かにしていこう」というNPOバンクにとって
 5千万円の財産要件と、様々な費用負担は大きな
 ダメージとなります。

 例えば、新潟コミュニティ・バンクでは、すでに
 約600万円の出資金を集め、被災地を復興するNPO
 から融資の希望が来ているにもかかわらず、この
 問題で融資活動を見合わせています。
 http://www.tatunet.ddo.jp/ncb/

 また、日本共助組合では、教会の中で40年以上に
 わたって多重債務者にならないように、融資事業を
 続けてきましたが、この改正で今後活動が出来なく
 なる可能性もあります。
 http://homepage2.nifty.com/jcu/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【3】 市民のためのバンクを救え
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 NPOバンクは一般の貸金業者と異なり、団体の維持に
 必要な収入をこえる「もうけ」を出そうとしません。
 私たちは、テレビなどで過大な宣伝をし、簡単に
 融資することで多重債務者を増加させてきた、
 「貸金業者」とNPOバンクは、まったく別のもの
 だと考えています。

 そのため、「非営利で公益性を目的として活動して
 いるNPOバンクは、貸金業規制法から適用除外に
 すべきである」と政府や立法府に訴えてきました。

 また、悪質な業者が入ってくることができないような
 非営利金融の自主規制ルールを現在作成中です。

 世界的にはノーベル平和賞を受賞したグラミン銀行と
 同様の活動が、日本では同時期に誰も意図しない形で
 規制されようとしています。

 今回の改正の趣旨からすれば、多重債務者をこれ以上
 出さないように援助活動をしたり、被災地で活動する
 市民団体を支援するNPOバンクは、むしろ社会的な
 セーフティネットとして、行政が応援すべきもの
 ではないでしょうか。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【4】 この問題を多くの人に伝えてください
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 私たちの活動は始まってばかりであり、まだ小さい
 ため、行政側にもその意義を認めていただきつつも
 「このままでは、多重債務者の救済という名目で
 日本のほとんどのNPOバンクが存在できなくなる」
 ことが現状です。

 市民による社会的な非営利の金融を、日本から
 なくさないためには、この問題を多くの皆さまに
 広く知っていただくことが必要です。

 今後もNPOバンクが発展していくことができるよう、
 多くの人にこの問題をお伝えいただけると幸いです。

 ◆11月18日(土)午後に、この問題を考えるための
  フォーラムを東京・六本木の「みなとNPOハウス」
  で開催する予定です。
  *詳細は決まり次第以下のHPでお知らせします。
 http://www.h7.dion.ne.jp/~fund/news.html

 ◆今回の問題に対する全国NPOバンク連絡会の見解は
  以下をご参照ください。
http://www.h7.dion.ne.jp/~fund/kasikingyou-iken.pdf

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※本件に関するご質問等は、以下までお願い致します
  全国NPOバンク連絡会(東京CPB内)
  担当:奥田
  E-mail:community-fund@r2.dion.ne.jp
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上
[PR]
by momobk | 2006-11-04 18:16 | お知らせ