コミュニティ・ユース・バンクmomo の日々の活動報告です。
by momobk
カテゴリ
全体
出資
融資
レンジャー奮闘記
お知らせ
メディア掲載実績
その他
未分類
リンク
以前の記事
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
more...
最新のトラックバック
コミュニティ・バンク融資受付
from 紆余曲折 Many Turn..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
第2回 momo bar開催しました。
1月12日(土)に第2回のmomo barを開催しました。

momo barとは、momoに関わる方、関心ある方、みんなで集まり、楽しくお酒を酌
み交わす会です。2007年9月30日に第1回のmomo barを開催し、今回で第2回目です。

参加者はmomoレンジャー合わせて15名。
momo会員やそのお友だち等、中には神戸から名古屋への出張ついでに
お立ち寄りいただいた方などもみえました。

場所は名古屋市中区の「空色勾玉(名古屋市中区新栄3-16-21)」さん。
高い天井が印象的な、古い米蔵を改造したオーガニックカフェです。

今回のメインイベントは会員の大橋さんのお話。

momoのイベントでは、momoからお話するばかりなので、たまにはmomo以外
の方に、仕事に関すること、最近思うこと、趣味など、なんでもいいのでお話し
てもらおう!ということで、今回はカタリベカフェを主宰されている、大橋さん
にお話してもらえることになりました。

――――――――――


f0034535_23303421.jpg



   
空色勾玉さんの大きなテーブル2個を囲んで、momo barスタート!
まずは参加者みんなの自己紹介&乾杯。その後、しばし歓談。

皆さん、ほろ酔いでいい感じになってきたころに、いよいよ大橋さんのお話です。

自己紹介から始まり、本を語ることを通じて人と人とが出会う「カタリベカ
フェ」を開催されていること。それを通じて、本との出会い方への新しい可能性に期待をし
ていること、そして最後にmomoへの期待といった内容をお話いただきました。

お話し後には、別の参加者で読書会を開催されている方がみえたり、カタリベカ
フェの内容についての質問から、大橋さんのより深い思いが引き出せたりと、ワ
イワイという雰囲気の中で、会はますます盛り上がっていきました。
(大橋さん、お話ありがとうございます。今度カタリベカフェにもお邪魔します!)

f0034535_23295343.jpg

――――――――――
今回のmomo barも無事に終わりました。皆様ありがとうございます。
1回目、2回目と反省する点を改善しながら、今後も年に4回程度のペースで開催
していければと思っています。

momo barに参加することによって、momoとつながるだけではなく、参加する人み
んなと顔の見える関係になって、どんどん輪が生まれていく。そんな場を目指し
ています。

(川村友美)
[PR]
by momobk | 2008-01-27 23:34 | レンジャー奮闘記
白竹木材株式会社へ訪問してきました。
「お金っていいmomo」第2弾は碧南の地の利を活かして生まれた白竹木材株式会社です。インタビュアーは私(さとみ)とまなみんです。初めてmomoを知らない方へのインタビューということで、一同緊張しきりでした。

 木材置き場を改装して作られた古材を使ったオーダーメイド家具のお店、広々とした空間
が印象的な木の温もりあふれるカフェ。木工の制作のいそしむ婦人がいる作業場を抜けると、白竹の名を次いだ6代目の女性建築家棚橋さんが私たちを暖かく迎えてくださいました。

***

 木材需要の低下で一時休業されていた時期もあったそうですが、100年以上この地で愛されてきた白竹の名を、この土地から消したくないとの思いとの建築の仕事がしたかったという思いから、建築を中心にした業務内容にシフトチェンジし再開されたのでした。

 更に、「木工を愛してくれる人の集まる場所が作りたい」との思いから、木材加工教室を始められたり、「取り壊されてしまう民家の木がもったいない」という気持ちから、アンティーク家具やオーダーメイド家具を扱い始め、今は建築とオーダーメイド家具の二本柱で経営しいるそうです。

また、民家を愛し、日本の歴史を愛する棚橋さんは「さむい、暗い、汚い」と、民家を建て直そうとするお客さんに、そもそも日本的な美しい民家のよさを再認識していただきたいと、使い勝手の悪い民家をリフォームする民家再生をはじめたり、そのよさを広める白竹民家の会を立ち上げたりされてます。

「人生の楽しみは出会いと会話」なのに地域の交流が代間で断絶していることを変に思って、現在、月に2回白竹ファンを中心に地域の人々が世代を超えて集まる交流パーティーを開いているそうです。


「ヘキナンのヘキは僻地のヘキ。こんな土地で商売するなんて 思いもよらず会社ごと名古屋に出ようとしていた時期もあったけれど、十数年この地で発信し続けていたら、お客様が碧南まで来てくださるようになった」
 CSRとか、NPOとか小難しい言葉を知らない方でしたが、本当に地域とともに歩む持続可能な経営を地でいっている会社だと思いました。


***

インタビュー後、
まなみんと記事の編集作業を白竹さんのカフェで行いました。
2階はロフト風になっていて、広々とした個室がさらに広がりを持って感じられました。
本当においしいコーヒーとケーキ。
ゆったりとした時間。
優しい店員さん。

皆さんもぜひ一度訪れてください。

白竹木材株式会社のウェブサイトはこちらです。
http://www.hakutake.net/
[PR]
by momobk | 2008-01-10 00:53 | レンジャー奮闘記