コミュニティ・ユース・バンクmomo の日々の活動報告です。
by momobk
カテゴリ
全体
出資
融資
レンジャー奮闘記
お知らせ
メディア掲載実績
その他
未分類
リンク
以前の記事
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
more...
最新のトラックバック
コミュニティ・バンク融資受付
from 紆余曲折 Many Turn..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
【イベント報告】5月17日momo cafe vol.2
初めまして。momoレンジャー説明会(4月26日)に参加して、新しくレンジャーになったTAG(タグ)と申します。説明会には、自分を合わせて4名が集まり、4名とも新たなレンジャーとなりました。これからじゃんじゃん活動していくと思うので、どうぞよろしくお願いします。

さて、今回は5月17日にmomo事務所で行われた「momo cafe vol.2」の報告をさせていただきます。

今回の参加者は14名で、momoの融資先でもあるぎふNPOセンターのマイクロ水力発電事業を担当する水野馨生里さんをスピーカーに迎えて、水野さんのお話を中心にmomoの現状報告、参加者同士の交流を行いました。

f0034535_13303323.jpg


水野さんには、「参加者が水野さんに聞きたいこと」を紙に書いてホワイトボードに張り出し、その聞きたい内容に沿って、とても楽しい雰囲気でお話いただきました。マイクロ水力発電の事業はもちろんのこと、事業拠点である岐阜県郡上市白鳥町石徹白地区のこと、水野さんの今までの活動、生い立ちに至るまで(笑)、いろいろと伺いました。



個人的に印象に残ったのは、マイクロ水力発電で石徹白全体の電力を賄えれば、エネルギーの地産地消ができるというお話。

石徹白では毎年約1,200万円分の電気を北陸電力から買っており、毎年1,200万円のお金が石徹白から出ていってしまっているという現状があります。しかし、マイクロ水力発電で石徹白の電気を自給自足できれば、その1,200万円のお金を石徹白内で回していける。もしこうした取り組みが石徹白から日本全国に広がれば…と考えずにはいられません。そして、このすばらしい事業を支えることのできるmomo&自分を誇りに思います(笑)

今回は、1回目のmomo cafeよりも他の参加者との会話や交流ができ、和気あいあいと進めることができてよかったです。また、せっちゃんが早起きして作ってくれた国産小麦&有機野菜を使ったパンも大好評! 満足のいくイベントとなりました。

最後に、出張先の東京から朝早く駆けつけてくださった水野さん、ありがとうございました!(TAG)

f0034535_13304345.jpg

[PR]
by momobk | 2008-05-31 13:30 | レンジャー奮闘記
石井さんの畑で感じたこと~出資者の声~
先日の石井さんの畑訪問ツアーに参加していただいた、出資者の門田ひとみさんに、感想を書いていただきました。

ありがとうございます!!

門田さんはツアーに参加してくださったのを機に、出資をしていだだきました。

石井さんの畑は、名古屋近郊なので、またツアーを企画したいと思います。

----------------------------------

 あったかい春の日差しの中、岐阜の畑へ行ってきました。
 岐阜駅から車で約30分、住宅地の一角が石井さんの畑でした。
 
 実は、石井さんの畑とうちは車で20分くらい。前から石井さんが畑をやっていらっしゃると聞き、一度行ってみたいなぁと思っていたのです。
 そんな矢先にmomoの融資先になったと知り、これはいつか融資先ツアーで行きたい~!(まだ出資者にもなっていなかったのに)と思ってました。
 
 名古屋市内で市民活動を生業にしている私。
 通勤に約1時間をかけ「都会」で市民や地域が活性化するための非営利団体のスタッフとして日夜デスクに向かっています。
 ふと気づくと、自分の足元、岐阜市はどうなってるんだろ・・・グローバル化によって中心部の商店街は寂れ、郊外には同じようなSCが乱立し、スーパーには遠くから運ばれてきた野菜が格安で売られています。
 私はそれら岐阜の課題にどう向かい合っているのかなー・・。

 momoはそんな矛盾を抱えながら生活するこの地域の若者たちに、こんなやり方もあるんだよっていう希望を見せてくれています。
 また自分ではできなくても、実践している素敵な人たちを応援するっていう手段も提供してくれます。(出資で)
 
 今回畑を手伝わせてもらって、そんな矛盾を抱えた生活がすこーし晴れたような気がします。 今後この地域で、石井さんの野菜がもっともっと循環していきますように。
 近くに住んでいる者として、その仕組みに少しでも関わることができたらな、と思っています。

 これからも融資先ツアーでどんどん若者を送り出していきましょう。
 人手が多いってすごい!(と石井さんが喜んでいらっしゃいました笑)
 
 あ、お土産のサニーレタスすごくおいしかったです!

(門田ひとみ)
-------------------------------------------
[PR]
by momobk | 2008-05-08 23:15 | 出資
融資先の石井さんの畑に行ってきました!
融資先訪問ツアーで石井さんの畑に行ってきました!

第2回融資(2007年12月)で融資をした石井伸弘さの畑に農作業体験に行ってきました。
石井さんは、「岐阜市及びその周辺における無農薬・無化学肥料による生鮮野菜の生産と提供」という事業で、50万円の融資を受けています。
今回は、新しくmomoレンジャーを希望する若者と一緒に農作業の体験を行いました。

ゴールデンウイークの前半、27日(日)のスコーンと晴れた日に、なっちゃんとりゅーちゃんの軽自動車が金山に集結。ここで、4名のゲスト(momoレンジャー希望者と出資者)と待ち合わせ。
12時30分に集合し、約1時間かけて岐阜駅へ。ここでもう一人のゲストと合流て、石井さんの畑に向かいました。
道中、カーナビにだまされ道を間違えながらやや遅刻気味。
そのおかげで、ゲストと一致団結したりして(笑)

石井さんの畑は、都市と農業地域の中間にあるような地域です。
周りにはマンションや戸建ての家もあります。

f0034535_23574092.jpg

みんなで畑に降り立ち、石井さんから今日の作業内容を聞きます。
トマト班:40cm間隔で小さな穴を掘り肥料を入れて、苗を植える
ナス・ピーマン班:違う畝でトマト班と同様
豆班:マルチの穴にインゲンの種を2粒ずつ植える
そんな作業にみんな夢中!

最初は、「これでいいのかなぁ」と作業をしていましたが、石井さんから「いいの、いいの、だいたいで」という声かけをもらい、どんどん作業が進みます。
「人がたくさんいるって、すごくはかどるな~」と、いつも一人で作業をしている石井さんかのつぶやきが聞こえてきました。

農作業は15時から17時と2時間程度でしたが、植え付けをしてビニールをかぶせて、作業の達成感がありました。
f0034535_23554689.jpg

その後、ご自宅でお茶をいただきながらお話をうかがいました。

素朴に「融資を受けてよかったですか?」という問いに、「よかったです。新しいことをはじめるときには、何かと物入り。ないならないなりにできたかもしれませんが、ずいぶん助かりました」と。

そして、momoへの期待として「いろんなケース(融資)にチャレンジして欲しい。その上でmomoとしての姿勢をつくればいい。」と。

石井さんの手助けをすることで応援できればいいなぁと思った企画ですが、結果的には、自分自身のリフレッシュと応援メッセージまでいただいたありがたいツアーになりました。
そして、新しいmomoレンジャーも募ることができて、一石何鳥もある融資先訪問ツアーでした。

                                            レポート  坂本
[PR]
by momobk | 2008-05-07 23:59 | レンジャー奮闘記
【融資先情報】岐阜小水力発電シンポジウム in 石徹白
融資先・ぎふNPOセンターの主催イベントです↓


小規模水力発電を広め、循環型社会を構築し、日本の地域を再生しよう!
日本一水力発電ポテンシャルの高い岐阜県で全国シンポジウムを開催!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■岐阜小水力発電シンポジウム in 石徹白  5/24(土)~25日(日)
■※白山信仰の里・郡上市白鳥町石徹白(いとしろ)で開催!
■※JR岐阜駅から、無料送迎バスが出ます!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「小水力発電」って、ご存知ですか?

実は今、日本の国土に適した再生可能エネルギーとして、
注目を浴びているのが小水力発電なんです。

ご存知のとおり、地球温暖化問題の深刻化や、
枯渇性資源に頼ったエネルギーの持続不可能性、
日本のエネルギー自給率の低さ(原子力を除くとわずか4%!)
を考えると、再生可能エネルギーの導入は急務となっています。

近年、世界的にさまざまな再生可能エネルギーが導入されていますが、
小水力発電は、太陽光発電や風力発電と比べて安定供給面で優れています。

「水力発電」というと、ダムなどを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、
「小水力発電」とは、河川環境を大きく変えることなく、既存の小河川や
水路を利用する環境負荷の小さな、小規模な水力発電のことをさします。
実は、年間を通じて水量が豊富で、急峻な地形の多い日本にぴったりの
再生可能エネルギーなのです。

地域資源である小水力を利用することは、地球温暖化の抑制や
エネルギー自給率の向上に貢献するだけではありません。
地域が自らの持つ自然資源を活かして、
自立・再生していく糸口にもなるといえます。

とくに岐阜県は全国でも最も水力発電のポテンシャルが高い県。
中山間地域ではかつてから、水がさまざまなかたちで利用されて
きました。かつては水力自家発電が行われてきた歴史もあります。

また、郡上市白鳥町石徹白(いとしろ)では、2007年秋より、
愛・地球博成果継承発展事業として、マイクロ水力発電3機の
導入実験を行ってきました。

自然エネルギーが見直されている今、地域の自然資源を再評価し、
活用の方策を考えるきっかけとして、シンポジウムを開催します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■概要

○日時:5月24日(土)~25日(日)
・メインシンポジウム:24日(土)13時~18時 (開場12時)
・マイクロ水力発電事業見学会:25日(日)10時~12時 (集合9時30分)
・初日夜には交流会・分科会、2日目には石徹白散策ツアーもあり!
・いずれか1日のみの参加も可能です。
・自家用車で現地に来ていただいて参加することも可能です。


○会場:岐阜県郡上市白鳥町石徹白
・24日(土)メインシンポジウム:石徹白小学校体育館
・25日(日)集合場所:白山中居神社前

○料金:無料
・JR岐阜駅からの無料送迎バスあります。
(24日10時岐阜駅集合、25日17時岐阜駅解散)
・宿泊を希望される方は、一括で申込みを受け付けます。
一泊二食付・交流会費用込:8,000円

○申し込み先
・メール または ファックス でお申込み下さい。
・ぎふNPOセンター 小水力利用シンポジウム担当:水野
-メールアドレス:gifu.water@gmail.com
-ファックス:058-275-9738
-お問い合わせ先:070-6448-3681
・申込み期限:宿泊される方は5月18日(日)まで、
宿泊しない方は5月22日(木)までにお申込み下さい。

○申し込みフォーム
===================ココカラ========================
・氏名:
・ふりがな:
・メールアドレス:
・所属:
・当日連絡のつく電話番号
・参加を希望するプログラム:下記(1)~(6)の中から、
参加を希望するもののみ残し、それ以外は削除して、
申込みあて先(gifu.water@gmail.com)にお送り下さい
(1)メインシンポジウム(24日)
(2)マイクロ水力発電事業見学会(25日)
(3)岐阜駅からのバス(無料・先着50名まで)
⇒⇒(右より選択)⇒⇒[往復ともに利用する/行きのみ利用/帰りのみ利用]
(4)宿泊(一泊二食付・交流会費込・8000円)
(5)25日の昼食(500円)
(6)24日夜の分科会・交流会(宿泊の方:無料、宿泊しない方:夕食代2500円)
⇒⇒(右より選択)⇒⇒[「地域の自立と若者の参加」/「歴史と水の文化を活かす」]
===================ココマデ========================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メインシンポジウム詳細 24日(土)13時~18時 (開場12時)
(1) 基調講演『森林・水資源からはじまる地域再生』
:澁澤寿一(NPO法人樹木環境ネットワーク協会理事長)
(2) 小水力発電に関連する国の政策
:経済産業省中部経済産業局・農林水産省東海農政局・
国土交通省中部地方整備局
(3) 全国の小水力発電の動向:中島大(全国小水力利用推進協議会)
(4) 富山県小水力利用推進協議会の活動:上坂博亨(富山国際大学教授)
(5) パネルディスカッション『地域再生と小水力利用』
・澁澤寿一(NPO法人樹木環境ネットワーク協会理事長)
・高野雅夫(名古屋大学准教授)
・石徹白勉(NPO法人やすらぎの里いとしろ理事長)
・中島大 (全国小水力利用推進協議会)
・駒宮博男(NPO法人ぎふNPOセンター理事長代行)
:コーディネーター
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■タイムテーブル
□5月24日(土)
10時JR岐阜駅北口ぱるるプラザ前集合
⇒12時30分石徹白到着(バスの方のみ)
12時開場
13時~18時:メインシンポジウム
19時半~:夕食・分科会・交流会

□5月25日(日)
9時 白山中居神社参拝(宿泊の方のみ)
9時30分 白山中居神社前集合(当日集合の方のみ)
10時~12時 マイクロ水力発電事業見学会
12時 昼食
13時~15時 石徹白散策
15時石徹白発⇒17時JR岐阜駅にて解散
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■主催:全国小水力利用推進協議会、NPO法人ぎふNPOセンター、
NPO法人やすらぎの里いとしろ
■後援(予定):岐阜県、郡上市、石徹白自治会、
経済産業省中部経済産業局、農林水産省東海農政局、国土交通省中部地方整備局
■協力(予定):NPO法人森と水辺の技術研究会、NPO法人地域再生機構、
岐阜工業高等専門学校、ESD中部RCE、岐阜大学、名古屋大学、篠田製作所、
長良川流域持続可能研究会
※このシンポジウムは(財)河川環境管理財団の河川整備基金の助成を受けています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by momobk | 2008-05-07 13:50 | 融資
【イベント情報】東海若手起業塾 オープニングセレモニー
代表理事の木村が関わっているイベントのお知らせです。
融資先・こうじびら山の家の北村くんと十文字さんも来場予定です。
ぜひご参加ください!


*************************************************************
   
     『 東海若手起業塾 オープニングセレモニー 』
     ~地域から共感を得て、地域に愛されるビジネスへ~

  2008.05.18(sun) 15:30‐18:30@ブラザーコミュニケーションスペース
*************************************************************
                  http://www.tokai-entre.jp/event.html


 近年、地域の活性化や社会的な課題の解決などに取り組む起業家の活動が
 注目されています。この分野は20代の若者が中心となり事業を
 行っている場合も多く、若者の新しい働き方としても注目されています。

 このような社会的背景を受け、「東海若手起業塾」実行委員会は、
 「地域からの共感を得て、地域に愛されるビジネス」の育成をめざし、
 「東海若手起業塾」をスタートしました。
 そのスタートに合わせ、セレモニーを行うこととなりました。
 ついては、ぜひご参加下さい!
 皆様のお越しを、お待ちしております!!

┏┓
┗■  開催概要
--------------------------------------------------------------
 日時  2008年5月18日(日) 開場15:15 / 15:30‐18:30
 場所  ブラザーコミュニケーションスペース
     http://www.brother.co.jp/bcs/virtual/free/index.htm
     【 公共交通機関ご利用の方へ 】
     1. 名鉄名古屋本線(岡崎・豊橋方面)「堀田駅」下車。徒歩2分
     2. JR東海道本線または中央本線「金山駅」にて、名鉄名古屋
       本線(岡崎・豊橋方面)に乗り換え「堀田駅」下車。徒歩2分
     3. 地下鉄名城線「堀田駅」下車1番出口。徒歩3分

    【 高速道路ご利用の方へ 】
     1.(北から)名古屋高速大高線「堀田I.C.」を出てそのまま直進
      「堀田駅南」交差点を右折、すぐ
     2.(南から)名古屋高速大高線「呼続I.C.」を出てそのまま直進
      「堀田駅南」交差点を左折、すぐ

 主催  東海若手起業塾実行委員会
 協賛  ブラザー工業株式会社
 対象  80名程度 

┏┓
┗■  スケジュール
--------------------------------------------------------------
 15:15  開場、受付開始
 15:30  開会
 15:45  基調パネルディスカッション「地域から愛されるビジネスへ」
 17:00  東海若手起業家パネルディスカッション「未来の地域ビジネス」
        >>東海の若手起業家 5名
 17:30  交流会
 18:30  閉会

┏┓
┗■ ゲスト
--------------------------------------------------------------

 ▼ 石川 治江 氏 :NPO法人 ケア・センターやわらぎ 代表理事
                     http://www.yawaragi.or.jp/
  社会福祉法人にんじんの会理事長,特定非営利活動法人ケア・センター
  やわらぎ代表理事。立川駅にエレベーター設置運動を開始(1978),
  立川市,国分寺市,日野市などにケア・センターやわらぎ在宅やデイ
  サービスセンターを開所。社会福祉法人にんじんの会設立(1997),
  特定非営利活動法人ケア・センターやわらぎ設立(2000)。
  『NPO実践講座』(2000 ぎょうせい)等,著書論文多数。

 ▼ 岩村 龍一 氏 :株式会社コミュニティタクシー 代表取締役 
                     http://www.comitaku.com/
  26歳の時、父親の運送会社を引き継ぎ、商売の山や谷を経験。03年市民出
  資のタクシー会社を設立、現職に就任。お客様本意のサービスを追及し、
  開業3年で70歳以上を対象に高齢者割引が適用される「コミタクシニアカー
  ド」会員は3,300名を超えた。便利屋事業部も併設し、真の生活支援企業を
  目指す。創業ベンチャー国民フォーラムJVA2006地域貢献賞受賞。

 ▼ 小出 宗昭 氏 :はままつ産業創造センター ビジネスコーディネーター 
                  http://www.net-hamamatsu.jp/
                      http://koide.hamazo.tv/
  1959年生まれ。法政大学経営学部卒業後、静岡銀行に入行。支店、国際部、
  情報営業部(M&A担当)、経営企画部(グループ会社設立プロジェクト)
  勤務を経て、2001年に創業・産業支援施設「SOHOしずおか」へ出向、
  インキュベーションマネージャーに就任。
  現在、2007年7月に静岡県浜松市に新しく出来た産業支援施設「はままつ
  産業創造センター」へ出向、ビジネスコーディネーターに着任し常勤。
  関東地区新連携事業評価委員会委員を務める

 ▼ 中島 徳至 氏 :株式会社ゼロスポーツ 代表取締役
                  http://www.zerosports.co.jp/
  1994年「ゼロスポーツ」を設立。自動車部品のオリジナルブランドを立ち上げる。
  また、2000年国内最高速電気自動車276.6kmを記録。2003年には国内17番目の
  自動車メーカーの認証を取得。電気自動車分野ではパイオニアとして最先端技術で
  業界からのR&Dの案件が集中。大学や高校、全国の起業家など勉強会で講演活動を
  行い、ものづくりを通した次世代の経営者、技術経営者育成にも力を入れる。
  2006年経済産業省 「経済産業大臣奨励賞」など数多くの受賞歴がある。

  (五十音順)

┏┓
┗■ 申込み方法
---------------------------------------------------------------
 下記のウェブサイトからお申し込みください。
 http://www.tokai-entre.jp/apply.html

※席数が限られているため、定員を超える申込みがあった場合は、
 ご参加頂けないことがございます。予めご了承ください。



┏┓
┗■ 東海若手起業塾とは?  ≫≫ http://www.tokai-entre.jp/outline.html
---------------------------------------------------------------
 地域の課題解決や、地域貢献の有効活用を通じて、東海地域をもっと元気に!
 次世代を担う地元若手起業家を応援しています!

 ▼「東海若手起業塾」実行委員会 http://www.tokai-entre.jp/org.html
  NPO法人起業支援ネット、NPO法人アスクネット、NPO法人G-net、
  NPO法人ETIC.
 ※ 本塾は、NPO法人ETIC.などがグループの創業100周年を迎える
   ブラザー工業株式会社と協働して創案したものであり、ブラザー工業は
   社会貢献活動の一環としてこの「東海若手起業塾」に協賛いたします。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 東海若手起業塾実行委員会 
 http://www.tokai-entre.jp/index.html
 TEL  : 03-5784-2115
 E-mail : info@tokai-entre.jp
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by momobk | 2008-05-07 13:47 | お知らせ
【イベント情報】自然エネルギー事業投資セミナー
--------------------------------------------------------------
    ”あなたのお金が社会を変える”
    地球温暖化を防止するお金の使い方
~自然エネルギー事業投資セミナー~ in 東京・名古屋
--------------------------------------------------------------
http://www.ohisama-fund.jp/event_080517.html

今年1月にNHKの特集でも取り上げられた長野県飯田市での
市民の出資で自然エネルギー事業を進める「おひさまファンド」の挑戦
を、
昨今の温暖化問題の解決策を解説しつつご紹介します。 

温暖化防止に向けてあなたができることを、
更に発見していただく場になればうれしいです!

◇日時:
1)名古屋 :5月17日(土)14:00~
16:00(13:30開場)
 →名古屋会場:名古屋国際センター第1研修室
 (名古屋市中村区那古野一丁目47番1号/
 地下鉄桜通線「国際センター」駅直結、名古屋駅から東へ徒歩7分)
  http://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/aboutus/access.htm

2)東京:5月18日(日)14:00~16:00
(13:30開場)
3)東京:6月21日(土)14:00~16:00
(13:30開場)
 →東京会場:カタログハウス本社セミナーホール
  (東京都渋谷区代々木2-12-2/新宿駅南口徒歩
10分)
  http://www.cataloghouse.co.jp/study/map_tsem.html

◇プログラム:
1. 地球温暖化防止と自然エネルギー~欧州の先進事例から日本
に=
 "「自然エネルギー」の第一人者" 飯田 哲也
 (NPO法人 環境エネルギー政策研究所 所長)

2.南信州からの挑戦 ~市民のお金で太陽光発電事業を~
  "NHKで特集されました!"   原 亮弘
 (おひさま進歩エネルギー株式会社 社長)

3.「温暖化防止おひさまファンド」の事業及び出資説明
※名古屋会場では、名古屋発のコミュニティ・ユース・バンク
momo代表理事の木村真樹さんにもご登場いただく予定です。


◇参加費:無料
◇定員:名古屋会場50名、東京会場60名(先着順)

◇主催:おひさまエネルギーファンド株式会社
◇共催:NPO法人環境エネルギー政策研究所(http://
www.isep.or.jp/)
◇協力:コミュニティ・ユース・バンクmomo(http://
www.momobank.net/index.html)

◇お申込方法:
下記の連絡先に、電話、ファックス、ウェブサイト受付フォームからお
申し込みください。
おひさまエネルギーファンド株式会社
 TEL: 03-5318-3338
 FAX: 03-3319-0330
 info@ohisama-fund.jp
【お申込フォーム】
https://www.ohisama-fund.jp/cgi-bin/event/
※このセミナーでは、現在募集中の「おひさまファンド」の出資説明も
行われますが、出資にご関心が無い方も、テーマに興味がある方は、ど
なたでもご参加いただけます。
---------------------------------------------------------------
[PR]
by momobk | 2008-05-06 13:48 | お知らせ